愛媛草野球サファイアリーグ 2019/1/16

超強豪レッドクロス様との試合

初回は子どもが冬休み期間中すっかり元気になったひろたか先生のヒット、クリーンナップだいちくん、佐川くんのタイムリーで幸先よく2点を先取する。

投手は久しぶり登板の亀岡。変化球を制球できず、苦し紛れで投げたストレートをことごとく痛打され、3回6失点の不甲斐ない投球内容でマウンドから降板する。

3回、チャンスをつくり反撃ムードが漂うも、キャプテンのホームベース前のストップ、だいちがセカンドリードをとった所でストップ・・・とサードランコー亀岡よりも悪魔の声が聞こえてしまい、この回うっかり無得点。

このまま大差で敗れてしまうかと思われたが、
一度で二度死ぬ初心者古川が満を持して打席に立ち、
流れを変える。
(結果はサードゴロ)

その気迫がナインにも通じ、最終回驚異の粘りをみせる。大森さんの捕手強襲ヒット、田中くんのこの日2本目のヒットで1点差まで詰め寄る。

だが時すでに遅し。惜しくも敗北してしまった。

相手チーム様の実力の方が何枚も上で、たくさんミスが出た。しかし、そのミスを他の選手がカバーし、ゲーム終了まで全員が前を向いて戦えたことは、ハイブリッツのチームカラーがにじみ出ている試合だったといえる。

試合をしてくださった松山レッドクロス様、本当にありがとうございました!!