明けましておめでとうございます。

柑橘系ハイブリッツの代表亀岡です。

 

ブログはとても久しぶりの更新です。

 

今回は2019年ハイブリッツの目標と

チームの理念をご紹介致します。

 

まずはチーム理念

 

「様々な力をハイブリッドさせ

良い休日を送る。

一日でも長くプレーする」

 

 

大目標
「36試合以上(1ヶ月3試合計算)こなす」

 

個人的に勝敗にこだわりは

ありませんが、

 

やはり勝負に対しても

目標があった方がいいと思うので

定めると、

 

小目標
「サファイアAリーグまずは1勝」
「マサキリーグ優勝」
「連盟の試合1勝」

 

 

メンバーによっては個人差が

あると思いますし、

 

これらの目標は変化していく

可能性があります。

 

いやいや、草野球なのに

ここまで理念や目標を掲げなくても

いいのでは?

遊びでしょ?

 

と思われる方もいらっしゃると思います。

 

ですが、私の草野球人生を振り返ると

遊びではじめた野球なのに

潰れていくチームが

多くあったように感じます。

 

・人数が足らない、

 

・勝敗にこだわりすぎて

強いメンバーを集めすぎた結果、

初期メンバーがやめていく・・・

 

・お金の行き先がわからなくなった

 

などなど理由は様々。

 

プレイヤー側だとわからないことが

多いと思いますが、

 

草野球の運営は面倒くさいことが

実際にはたくさんあります。

 

人数の確保、練習試合の調整

グランドの確保、お金の集金etc

 

その場のテンションとノリで

草野球チームを作ることは

簡単かもしれませんが、

 

長く良い流れを作り続け、

 

運営していくことは

難しいと感じています。

 

特に、

一番草野球チームの運営者が

頭を抱える問題は

「人数の確保」

だと思います。

 

野球は9人でやるスポーツですし、

一人かけると試合ができません。

 

連盟の大会は怪我をしたことも考え

10人確保する必要があります。

 

運営者として何度

「5人でプレーできたらいいのに」

と思ったことは

数え切れないほどあります。

 

そういった中で

2年間活動し

様々なメンバーに出会い

チームを存続させていくために

必要だと思うことは

 

一人でも多くチームの雰囲気や

理想に共感してくれ、

 

チームに愛情を注げるメンバーを

増やすことが

チームの繁栄に欠かせないことだと

感じます。

 

 

運営者
↑↑↑
メンバー

 

ではなく

 

チーム
↓ ↓ ↓
—————-
理念 ・ 志
—————-
↑ ↑ ↑
 運営者
↑ ↑ ↑
メンバー

といった図式です。

 

結果的にチームへ

愛着が芽生えることで

 

出席もしやすくなる…
(試合がたくさんできるようになる)

お金の支払いも渋られない…

 

といったことが

起こっています。

 

私達が草野球プレーヤー

欲しいものは

 

突き詰めると

ヒットを打って得た
満足感ではないです。

また良い守備をして得た
高揚感でもありません。

 

ヒットを打って
他メンバーに褒められ、

守備をして味方から
大きな声をかけてもらえるような

一体感のあるぬくもりが
欲しいのです。

 

一体感があって温もりある

チームを作り存続できるように

私もプレイヤーとしてだけではなく

運営者のスキルも磨いていきたいと

考えています。

 

この内容についてYOUTUBEで

喋っていますのでご興味があれば

ご覧ください。


最後までお読み頂き
ありがとうございました。